マンションの角住戸は光熱費がかかる

賃貸マンションを検討していた時、たまたま価格が魅力の分譲賃貸物件を見つけました。即決はできず悩んでいたところ、不動産会社の担当者からこの住戸は東西南北の四方に窓があるため開放感があることをことをアピールされました。確かに日当たりも風通しも良さそうだなと思いました。それに隣接する住戸がないということは騒音で悩まされることもないと思いました。そういうこともありその物件に決めました。

 

ところが住み始めて角住戸であることがデメリットに感じてきました。夏は暑く、冬は寒さが厳しいのです。夏はエアコンの効きも悪く、冬はエアコンだけではなくファンヒーターも併用しなければならない状況でした。当然、光熱費が跳ね上がりました。断熱性能の問題もあるかもしれませんが同じマンションの中住戸に住む人に聞くとそれほど外気の影響を受けていないようでした。

 

四方に窓があり開放感があることより暑さや寒さの影響を受けず快適に過ごせる方がいいと思うようになりました。新築マンションは断熱性能が高くなっているので角住戸でも問題はないかもしれませんが築年数の経ったマンションの場合、光熱費等経済的なことを重視するなら尚更、中住戸が優れていると思いました。

 

PR|関西収益不動産の購入をトータルサポート